トップページ

世界で最も蔓延している恐怖症

恐怖症とは、特定の状況、物、活動、動物、人などに対する不合理で持続的な恐怖や嫌悪を示すもので、時にはそれが原因で日常生活に支障をきたすこともあります。

ほとんどの人が多かれ少なかれ恐怖症を持っていますが、非常にまれで特殊なものもあれば、広く見られるものもあります。

WHO(世界保健機関)、ハーバード大学、ミシガン大学の共同プロジェクトである「世界精神保健調査イニシアチブ」は、最も広く蔓延している恐怖症をランク付けしています。

Freepik
いくつかの恐怖症は、思っているよりもずっと一般的である
恐怖症とは、特定の状況、物、活動、動物、人などに対する不合理で持続的な恐怖や嫌悪感のことで、時には日常生活に影響を及ぼすこともあります。ほとんどすべての人が、多かれ少なかれ恐怖症を持っています。非常にまれで特殊なものもあれば、広く見られるものもあります。WHO(世界保健機関)、ハーバード大学、ミシガン大学の共同プロジェクトである「世界精神保健調査イニシアチブ」は、最も広くみられる恐怖症をランク付けしています。
Freepik
飛行機恐怖症
飛行機恐怖症は人口の1%以上を苦しめています。飛行機恐怖症の人は、飛行機で旅行するときに恐怖を感じるだけでなく、飛行機に乗らなければならないと考えただけでも恐怖を感じる傾向があります。実際、飛行機恐怖症の人は、どうしても必要なときだけ飛行機を利用することが多いです。
Freepik
雷恐怖症
世界人口の2%近くが雷や稲妻の音を恐れています。実際、すぐに子供も大人も、雷鳴が聞こえず、雷雨が見えない場所に避難するのです。
Freepik
閉所恐怖症
エレベーター、狭い部屋、トンネル......閉ざされた空間や狭い空間にいることに耐えられない人は多く、人口の2%以上にのぼります。この恐怖症は、孤独感や無力感といった典型的な恐怖を呼び起こし、全般的な不安感を引き起こします。
Freepik
海洋恐怖症
海洋恐怖症とは、海、海水、湖、あるいはプールなどの大きな水域に対する恐怖のことで、水深が深く暗い場合に水に飛び込むことを怖がりますが、海底が見えている場合もあります。この恐怖症に罹患している人の多く(総人口の2%以上)は、たとえ浅い海であっても、せいぜい足首が浸かる程度の海水浴も拒否します。
Freepik
高所恐怖症
高層ビルやケーブルカー、高所にある橋など、高い場所に恐怖を感じる人は、世界の全人口の3%弱です。この恐怖は、オーバーハングやバルコニーのような高所に近い場所で強まります。症状は典型的な恐怖症で、頻脈、震え、過度の発汗、ひどい場合はパニック発作を起こします。
Freepik
血液恐怖症
約3%の人が血液恐怖症である。血液を見ただけで失神する危険性もあります。最近行われた研究では、この恐怖症の原因として考えられるものがいくつか挙げられているようです。
Freepik
動物恐怖症
クモ恐怖症、昆虫恐怖症、鳥恐怖症、ヘビ恐怖症など、動物恐怖症は世界で最も蔓延しており、人口の4%近くを苦しめています。最も深刻なケースでは、特定の動物を怖がる人は、問題の動物が偽物であっても怖がることがあります。
アートギャラリー プライベートコレクション
24/09/2023
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.