HEALTH

クッシング症候群:クッシング症候群とは何か、考えられる原因と症状

クッシング症候群は、血中コルチゾール濃度の上昇によって引き起こされる臨床症状です。コルチゾールは、下垂体から分泌されるACTHというホルモンの刺激に応じて副腎で産生されるホルモンです。

コルチゾールは、糖、タンパク質、脂肪の代謝、血圧や免疫系の調節など、体内の多くの重要な機能を担う重要なホルモンで、ストレスホルモンとも呼ばれます。

体内で過剰に分泌されると、クッシング症候群と呼ばれます。どのような原因や症状が考えられるか、見ていきましょう。

freepik
クッシング症候群とは
クッシング症候群は、血中コルチゾール濃度の上昇によって引き起こされる臨床症状です。コルチゾールは、下垂体から分泌されるACTHというホルモンの刺激に応じて副腎で産生されるホルモンで、糖、タンパク質、脂肪の代謝、血圧や免疫系の調節など、体内の多くの重要な機能を担う重要なホルモンです。コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれ、体内で過剰に分泌されると、クッシング症候群と呼ばれます。どのような原因や症状が考えられるか、見ていきましょう。
freepik
考えられる原因
外因性クッシング症候群は、コルチゾール様分子を主成分とする薬剤(ステロイドまたはコルチコステロイド)を長期間大量に投与することによって起こります。一方、内因性クッシング症候群は、副腎によるコルチゾール産生の増加によって引き起こされます。
freepik
最も多い形式
最も頻度の高い型は下垂体の良性腫瘍(腺腫)によって引き起こされますが、まれに悪性腫瘍または過形成によって誘発されることもあります。本症候群は、多発性内分泌腫瘍1型やMcCune-Albright症候群などのまれな遺伝性疾患でも起こりうることがあります。
freepik
最も一般的な症状
クッシング症候群に関連する最も一般的な症状は、顔面肥満、体幹肥満、皮膚変化、骨粗鬆症、筋力低下、血管脆弱性です。紅斑線条が現れることもあり、非常に顕著な徴候は、あざや血栓塞栓症が現れやすいことです。
freepik
その他のあまり特異的でない症状
クッシング症候群の他のあまり特異的でない症状としては、高血圧、にきび、多毛、疲労、耐糖能異常、月経不順、性欲減退、神経心理学的障害、感染症にかかりやすくなることなどが挙げられます。
ハリウッドニュース
02/11/2023
ゲームとアクティビティ
19/11/2023
自然界の出来事
29/11/2023
ゲームとアクティビティ
19/11/2023
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.