HEALTH

WHO警告:「2050年までに世界の近視人口の50%が近視になる

世界保健機関(WHO)は、近視の危険性について警鐘を鳴らしています。近視は、2050年までに地球人口の約50%を苦しめると予想されているのです。これは、1日に何時間も室内で電子機器の前で過ごさざるを得ない、私たちのライフスタイルの変化にも起因しています。

現在では、近視はほとんどの場合矯正可能ですが、その増加には遺伝的要因、そして何よりも環境要因との強い相関関係があることが明らかになっています。

実際、この障害を患う若年成人、あるいはティーンエイジャーが増えているのです。治療法も侵襲性が低くなり、回復に要する時間も短くなってきているにもかかわらず、WHOはこの増加傾向に歯止めをかけようと警鐘を鳴らしています。

Freepik
2050年までに人口の50%以上が近視になる
世界保健機関(WHO)は、近視の危険性について警鐘を鳴らしています。近視は、2050年までに地球人口の約50%を苦しめると予想されているのです。これは、1日に何時間も室内で電子機器の前で過ごさざるを得なくなった私たちのライフスタイルの変化にも起因しています。
Freepik
2050年までに人口の50%以上が近視になる
現在では、近視はほとんどの場合矯正可能なものですが、近視患者の増加には遺伝的要因、そして何よりも環境要因の両方が強く関係していることが明らかになっています。
Freepik
2050年までに人口の50%以上が近視になる
現在では、近視の問題を解決するために3つの有効な治療法があります。それぞれの治療法には、明らかに特有のケースや違いがあります。最も簡単な治療法は、メガネとコンタクトレンズの装用です。2つ目はレーザー治療で、目の状態が悪化せず、一定期間安定している場合に適応されます。3つ目は革新的で、眼内レンズです。これはICL(Implantable Collamer Lens)と呼ばれるもので、柔らかく、薄く、柔軟性のある素材でできており、短時間の外来手術で水晶体と瞳孔の間に挿入されます。
Freepik
2050年までに人口の50%以上が近視になる
ヴェローナ(イタリア)の眼科医で、ネオ・ビスタ・レーザー・センターの責任者であるサンドロ・ソルダティ氏は、「局所麻酔で数分の短い手術で、LCIを埋め込み、すぐに10分の9から12の視力を取り戻すことができ、実質的に即効性があります」と説明します。
Freepik
2050年までに人口の50%以上が近視になる
手術後の回復期間は非常に短く、視力障害のない自由な生活から十分な恩恵を受けることができます。目の健康は、純粋に肉体的な恩恵にとどまりません。例えば、視力障害のためにスポーツを諦めている人が世界にどれだけいるか考えてみてください。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.