HEALTH

ライム病、どんな症状があるのでしょうか?

ライム病は、細菌であるボレリアによって引き起こされる病気で、感染したマダニに咬まれることで人に感染します。

ライム病は多系統疾患であり、体のさまざまな器官や部位に影響を及ぼすため、その病態はステージによって異なります。

ライム病は、紅斑から全身への広がり、そして深刻な影響、つまり合併症を引き起こす可能性のある段階まで、3つの異なる段階を経て症状が現れることがあります。(出典:Grupposandonato.it)

freepik
ライム病とは
ライム病は、細菌であるボレリアによって引き起こされる病気で、感染したマダニに咬まれることで人に感染します。ライム病は多系統疾患であり、体のさまざまな器官や部位に影響を及ぼすため、その病態はステージによって異なります。ライム病は、紅斑から全身への広がり、そして深刻な影響、つまり合併症を引き起こす可能性のある段階まで、3つの異なる段階を経て症状が現れることがあります。(出典:Grupposandonato.it)
freepik
ライム病の症状発現の第一段階
ライム病の症状の第一段階は、遊走性紅斑とボレリアリンパ球腫です。遊走性紅斑は、マダニに咬まれてから最短で数日、最長で数週間後に発生します。紅斑は特徴的なリング状で、縁が濃く赤くなり、外側に広がりながら移動する傾向があります。一方、ボレリアリンパ球腫は、隆起した丘疹-結節性病変です。
freepik
ライム病の第二期症状
ライム病の症状の第二段階は、体内の全身的な広がりに関するものです。現れる症状は最も多様で、発熱、筋肉痛、悪寒、頭痛、関節痛、脱力感、強い疲労感、光や熱による火照りやかゆみなどです。
freepik
ライム病の第三段階の症状
ライム病の症状の第三段階は、最も重篤な合併症です。関節炎、脳脊髄炎、慢性萎縮性肢端皮膚炎、末梢神経障害、心筋炎、髄膜炎などの症状が現れることがあります。
freepik
マダニに噛まれたときの対処法
マダニに噛まれたら、体に挿入した部分(主に頭部)を壊さないようにピンセットを使ってすぐに取り除くことが主な対処法です。自分でできない場合は、医師に相談することが必要で、医師は次のステップも監視してくれます。
アートギャラリー プライベートコレクション
18/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.