HEALTH

HIV感染症の初期症状:その内容と予防の重要性

ヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)は、2種のレンチウイルス(レトロウイルス属)からなり、放置すると後天性免疫不全症候群(AIDS)に至る感染症を引き起こします。

このように、HIVはエイズにつながるのですが、最初の段階であるHIVはウイルス量が最も多く、対象者が最も感染しやすい感染後数週間から、早くも何らかの症状が現れることを知らない人が多いのです。

HIVにも症状があることを知っておくと、とても役に立つかもしれません。無防備な性行為の結果、1つまたは複数の症状が現れた場合、対象者はそのことに気づき、間に合うように検査を受けることができ、できるだけ早く適切な治療を開始することができます。

Freepik
HIV感染症の初期症状:その内容と予防の重要性
このように、HIVはエイズにつながるのですが、最初の段階であるHIVはウイルス量が最も多く、対象者が最も感染しやすい感染後数週間から、早くも何らかの症状が現れることを知らない人が多いのです。 感染後最初の段階を「初感染」と呼びます。
Freepik
その疑い
したがって、血清ステータスを知らない人と避妊せずに性行為をした人が、最初の期間内にインフルエンザに似た症状(これらの症状が出る最初の期間は感染後1~4週間)を発症した場合、HIV検査を受けると同時に、結果が判明するまで避妊しない性行為を避けるべきです。また、特にその後の病気のコントロールのためには、早期診断が極めて重要であることを忘れてはなりません。
Freepik
HIV感染症の主な症状
発熱、倦怠感や疲労感、寝汗、喉の近くだけでなくリンパ節が非常に腫れる、喉の痛み、皮膚の発疹などが、HIV初感染時の主な症状です。これらの症状は、単独で発症することもあれば、複合的に発症することもあります。
Di US National Institute of Health (redrawn by en:User:Carl Henderson) - US National Institute of He
HIV感染症のあまり一般的でない症状
また、この感染初期には、あまり一般的でない症状があります。この症状には、筋肉や関節の痛み、下痢、吐き気や嘔吐、口腔や膣の粘液障害などがあります。
Di Photo Credit: C. GoldsmithContent Providers: CDC/ C. Goldsmith, P. Feorino, E. L. Palmer, W. R. M
症状に関するお役立ち情報
症状は、HIV感染を示す場合もあれば、別の原因がある場合もあります。しかも、その強さは人によって異なり、数日あるいは数週間続いた後におさまることもあります。さらに、まったく症状が現れない人もいます。
凶暴な動物たち
29/02/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.