供給

刺青を入れることが好ましくない場合

タトゥーは一生肌に残るものなので、それを入れるかどうかは重要な選択です。

また、タトゥーは器具の面でも衛生の面でも、安全に行うべき選択です。しかし、それだけではありません。タトゥーが推奨されない、あるいは避けた方がいいケースもあるからです。

多くの場合、タトゥーを入れることを勧めないケースは病態にあり、また、身体の特定の部位や特定の薬を服用している場合には、刺青を入れることを勧めない場合があります。(出典:epicentro.iss.it)

freepik
タトゥーを入れる前に知っておきたいこと
タトゥーは一生肌に残るものなので、それを入れるかどうかは重要な選択です。また、タトゥーは器具の面でも衛生の面でも、安全に行うべき選択です。しかし、それだけではありません。タトゥーが推奨されない、あるいは避けた方がいいケースもあるからです。多くの場合、タトゥーを入れることを勧めないケースは病態にあり、また、身体の特定の部位や特定の薬を服用している場合には、タトゥーを入れることを勧めない場合もあります。(出典epicentro.iss.it)
freepik
タトゥーが禁止のケース
タトゥー施術は、特定の状況下では禁止されています。特に、光線過敏症、皮膚疾患、タトゥー施術部位に病変がある場合、アレルギーの素因がある場合、糖尿病、心臓の異常、てんかん、妊娠・授乳期、免疫抑制状態、感染症にかかりやすい疾患がある場合です。
freepik
タトゥーを避けるべき場合
皮膚の正常な再上皮化を変化させる薬剤を服用している場合、化学療法を受けている場合、凝固障害を患っている場合、出血傾向がある場合、抗凝固剤を服用している場合などは、いかなる場合でもタトゥーは避けるべきです。
freepik
タトゥーに適していない部位
タトゥーは、身体の特定の部位に入れることは望ましくありません。特に、レーザーでタトゥーを除去した部位、過去1年以内に形成外科手術や放射線治療を受けた部位、タトゥーを入れてから6週間以内の部位、できてから1年以内の傷跡などです。
freepik
ヒントとおすすめ
タトゥーを入れる前に守るべきその他のヒントとしては、傷跡が残りにくい部位を避けること、全身タトゥーは避けること、ほくろがある部位を避けること、タトゥーの影響を受ける皮膚の部位が健康で損傷を受けておらず、消毒されていることを確認することなどが挙げられます。タトゥーを入れる前に疑問があれば、医師に相談することができます。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.