エクセサイズ

座りっぱなしの生活から解放される5つのヒント

1980年代から今日に至るまで、私たちのライフスタイルは、過去のどの時代よりも早く、しかも根本的に変化しました。私たちは日々、コンピューターの前で何時間も過ごすなど、座りっぱなしの生活を送っていますが、これは私たちの体にとって本当に有害な習慣なのです。

座りっぱなし、つまり適度な運動をしないことは、心臓発作や脳卒中などの循環器系疾患や、肥満などの病気を引き起こす危険性が高くなるのです。これらはすべて、生活に適度な運動量を加えることで回避できるはずです。

しかし、家庭や仕事の合間に体を動かそうと思っても、なかなか時間がとれないのが実情です。では、最低限の運動量を確保するためには、どうすればいいのでしょうか。このようなちょっとしたヒントが、あなたのお役に立つかもしれません。

Freepik
座りっぱなしの生活から解放される5つのヒント
1980年代から今日に至るまで、私たちのライフスタイルは大きく変化し、しかも過去のどの時代よりも急速に変化しています。座りっぱなしは、心筋梗塞や脳卒中などの循環器系疾患や肥満などの疾病を引き起こす危険性が高くなります。しかし、家庭や仕事の合間を縫って運動しようと思っても、なかなか時間がとれないのが現実です。では、最低限の運動量を確保するためには、どうすればいいのでしょうか。このようなちょっとしたヒントが、あなたのお役に立つかもしれません。
Freepik
オフィスへの出勤、出勤前のウォーキングなど
しかし、オフィスワーカーにとって、体を動かす時間を確保することは難しいです。もし可能であれば、徒歩や自転車で通勤するのも一つの方法です。それが無理なら、少し早めに出て、駐車場に車を停めたら、ビルの周りや周辺を少し歩くようにしましょう。15分も歩けば十分です。やりたいという気持ちが力になります。
Freepik
昼休みに運動する
当たり前のことかもしれませんが、体にも生産性にもとても良いことなのです。ジムに行く必要はなく、長い散歩でも構いません。American College of Sports Medicine の研究によると、ランチタイムに30~60分運動することで、仕事の生産性が少なくとも15%向上することが分かっています。また、運動は免疫力を向上させる効果もあります。Journal of Occupational & Environmental Medicine に掲載された別の研究では、週にたった2.5時間の運動で欠勤が減ったと語られています。
Freepik
デスクワークで腕を鍛えるエクササイズ
また、腕のエクササイズもできます。これは実にシンプルですが、かなり効果的です。手のひらを机の上に、しっかりと置きます。できれば、肩の高さになるように、椅子を下げてもいいです。大げさでなく、できるだけ水平になったら、手のひらをしっかりと机に押し付け、力を入れて腕を硬直させます。この姿勢を数秒キープして、また始めます。
Freepik
デスクワークで脚を鍛えるエクササイズ
非常に簡単なものではありますが、デスクで脚のエクササイズをすることができます。椅子の背もたれに寄りかかり、脚を伸ばして床から浮かせます。そして、1分間、足を上下に動かし始めます。その後、1分間休んで再開します。これは脚と腹筋の両方に効果があり、腰痛も改善されます。バリエーションとして、脚を上下ではなく、足首を交差させて横に動かす方法もあります。
Freepik
トレーニング時間は重要です
生活が慌ただしく、時間に余裕がないのはわかりますが、本当に座りっぱなしの生活を減らすには、そのうちのどれだけを身体活動で補う必要があるのでしょうか。The Lancet に掲載された研究によると、実は、座りっぱなしのダメージを元に戻すには、毎日60分必要なのだそうです。そして、その結果、病気になる可能性も減るのです。結局のところ、このアドバイスは非常にシンプルで、オフィスでの生活とはまったく相容れないものであることがおわかりいただけたと思います。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.