HEALTH

サングラスの選び方視力を守るために役立つヒント

夏の間、屋外で過ごすと、砂浜や海、芝生などの反射面に目がさらされる機会が非常に多くなります。そのため、日差しを浴びた肌と同じように、日射によるダメージから目を守るための特別なケアが必要となります。サングラスは、紫外線(UV)から目を保護する機能を果たすレンズが装着されており、欧州連合(EU)では「個人用保護具」に分類されています。

そのため、サングラスは目を最大限に保護するために、一定の安全基準と品質基準を満たす必要があります。

サングラス選びのヒントを見てみましょう。

freepik
サングラスの選び方
夏の間、屋外で過ごすと、砂浜や海、芝生などの反射面に目がさらされる機会が非常に増えます。サングラス選びのコツをご紹介しましょう。(出典:my-personaltrainer.it)
freepik
サングラスとは?
サングラスは、紫外線(UV)から目を保護する機能を果たす眼科用レンズが装着されており、欧州連合(EU)では「個人用保護具」に分類されています。それにより、サングラスは目を最大限に保護するために、一定の安全基準と品質基準を満たす必要があります。
freepik
なぜ目を守るのか?
健康な視力のためには、太陽の紫外線や強い明るさにさらされないように目を保護することが重要です。サングラスはこの点で不可欠であり、その結果生じる目の炎症、眼瞼皮膚炎、結膜炎、角膜炎を軽減するのに役立ちます。
freepik
UVフィルター
サングラスレンズには、目にダメージを与えるUVAとUVBの放射線を吸収するUVフィルターが付いています。紫外線は主に太陽から放射され、電磁波の波長100~400nmを含みます。
freepik
最も強い紫外線
紫外線は高度が高くなるほど強くなり、1000メートルあたり10~12%増加します。また、太陽が真昼に最も高くなり、その位置の緯度において最大となるとき、紫外線はより強くなります。最後に、雲の存在は紫外線を減衰させるため、雲が減ると紫外線の強度が増します。
freepik
サングラス:どのような要件を満たす必要があるか?
各サングラスレンズは、フィルターの効果に関する情報をラベルに記載しなければなりません。フィルターには0から4までの4つのカテゴリーがあり、どれを選ぶかは照明条件によって決まります。カテゴリー0~1は非常にクリアな光で光の減衰が少なく、室内や薄暗い日に適しています。カテゴリー2は曇りの日や中程度の明るさに適しており、カテゴリー3は太陽の下での日常使用に最適です。カテゴリー4は、高い山や残響のある表面など、強い照明条件に有効です。
freepik
CEマーク(欧州適合性)
「CE」マークのないサングラスは安全ではないので買わないようにしてください。レンズに欧州適合マークがない場合、視力を損なう可能性があります。
freepik
サングラスのCEマークとインフォメーションノート
サングラスのCEマークは、製品の安全性を証明するもので、特定の適合試験に合格した後に製造者によって発行されます。情報通知は欧州各言語で、製造者または正規代理店の名前と住所が記載され、製造者によって発行されなければなりません。さらに、情報通知には、製品の特性、UVプロテクションの分類、使用上の警告、メンテナンスの指示などの具体的な情報も記載されていなければなりません。CEマークと情報注記は、消費者の安全と製品の適切な使用を保証するために重要です。
偏光サングラスとは何?
偏光サングラスは、偏光フィルターとサンフィルターを内蔵したレンズが装着されています。偏光フィルターは目に入る光の量を調節し、水、砂、雪、アスファルト、芝生などの光沢のある表面からの不要なまぶしさを最小限に抑えます。また、有害な紫外線から目を保護し、まぶしさを防ぎます。
目を守る
そのため、目にダメージを与えないためには、冬の散歩や曇りの日でも、適切なUVフィルターを備えたサングラスを着用することが重要です。特に、紫外線を99%以上カットし、目全体を保護する高品質なレンズのサングラスを選ぶことが重要になります。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.