HEALTH

ガーナ、世界で初めてマラリアワクチンを承認

マラリアは、少なくとも5万年前から世界を苦しめてきたと考えられています。今、初めて、アフリカを中心に毎年多くの命を奪っているこの恐ろしい病気に対するワクチンを作るための真剣な取り組みが行われています。

現在、ガーナは世界で初めて、マラリアに対する特定のワクチンを承認した国となっています。この薬の学名はR21で、オックスフォードにある大学のジェンナー研究所の研究者によって開発されました。

現在、世界保健機関(WHO)もインドで製造されるこのワクチンの承認を検討していますが、いずれにせよ、アフリカ諸国はすでに「自力で行動する」と発表しており、コロナワクチンの配布が遅れていることを依然として意識しています。

PexelsWikipedia.org
ガーナ、世界で初めてマラリアワクチンを承認
マラリアは、少なくとも5万年前から世界に影響を及ぼしてきたと考えられています。今、初めて、アフリカを中心に毎年多くの命を奪っているこの恐ろしい病気に対するワクチンの作成に向けた本格的な取り組みが行われています。現在、ガーナは世界で初めて、マラリアに対する特定のワクチンを承認した国となっています。学名はR21で、オックスフォード大学のジェンナー研究所の研究者が開発したものです。 現在、世界保健機関もインドで製造されるこのワクチンの承認を検討していますが、いずれにせよ、アフリカ諸国はすでに「自力で行動する」と発表しており、コロナワクチンの配布が遅れていることを依然として意識しています。
Pexels
世界に向けた変革
ガーナは、世界で初めてマラリアワクチンの使用を承認した国です。開発した科学者は、"全世界へのチェンジャー "と呼んでいます。この病気に対するワクチンを作ろうとする試みは、1世紀も前から続いています。しかし、このワクチンが広く大量に使用されるかどうかは、近い将来、5,000人の子供たちを含む大規模な研究の結果にも大きく左右されるでしょう。
PexelsDi L'utente che ha caricato in origine il file è stato TimVickers di Wikipedia in ingles
マラリアとは
マラリア(別名:パルディズム)は、寄生虫によって起こる病気です。現在、マラリアは南米、アフリカ、アジアの熱帯地域に限らず、米国やその他の先進国でも散発的に発生しています。マラリアは、最も重要な寄生虫疾患であり、結核に次いで罹患率と死亡率が高い感染症で、年間2億人以上の新規臨床患者が発生していると言われています。
Di Percherie - CHU de Rouen - Frequence du paludisme, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/
マラリアの蔓延
この地図からわかるように、アフリカは世界で最もマラリアに感染する危険性が高い地域であることがわかります。実際、濃い赤色は「マラリアの危険性が高い」ことを示しています。特に子供たちはこの病気にかかりやすく、特にワクチンが承認されたアフリカ大陸では、領土の大部分に十分な臨床施設がないため、この病気は依然として非常に深刻で、怖く、しばしば致命的です。
Pexels
R21ワクチン
オックスフォード大学のジェンナー研究所の研究者が開発したワクチンの名前は「R21」といい、これまでのワクチンとは対照的に「極めて有効」であるようです。実際、初回3回の投与と1年後のブースターで最大80%の効果を発揮するという研究結果も出ています。
Freepik
ワクチンを使用する対象者
正式な結果は昨年発表される予定でしたが、それにもかかわらず、すでに一部の政府機関や科学者と共有されており、例えば、ガーナ食品医薬品局(Ghana Food and Drug Authority)はすでにデータを保有しています。そこからは、生後5カ月から3歳までの子どもたちにこのワクチンを使用することを承認したと伝えられています。
Pexels
アフリカ諸国は単独で行く
世界保健機関(WHO)も、まだ最終的な承認はしていないものの、このデータに注目をしています。しかし、研究所のディレクターであるエイドリアン・ヒル教授は、パンデミックの際にCovid-19ワクチンの発売が遅れたため、『アフリカ諸国は自分たちで決めるだろう』と報告しています。
Pexels
地球上から病気を根絶することが目標
1800年代に最初の科学的研究が行われて以来、非常に多くの前進がありました。また、BBCで語ったヒル教授によると、"R21が今後数年間、子どもたちのマラリア死亡率に大きな影響を与え、長期的にはマラリアの根絶・撲滅という最終目標に貢献することを期待しています "と述べています。
Pexels
R21ワクチンの製造について
インドの血清研究所は、年間1億から2億回分を生産する準備を進めており、ガーナのアクラにワクチン工場を建設中です。R21の1回分の投与量は2、3ドルになる見込みです。同研究所のCEOであるAdar Poonawalla氏は、ガーナが世界で最初の国として承認されたことは、「世界中のマラリアと戦うための我々の努力における重要なマイルストーン」であると述べています。
アートギャラリー プライベートコレクション
18/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.