HEALTH

デュプイトレン病はネアンデルタール人の遺伝子に由来すると思われる:新たな研究で確認される

デュプイトレン病は、手のひらの皮膚の下にある線維層を侵す疾患で、北欧の住民である私たちが肌や髪の色、ぽっこりしたお腹、統合失調症やCovid-19などの病気にかかりやすいのは、この遺伝子を持つネアンデルタール人によって遺されたと言われています。

ネアンデルタール人と手の指がロックしてしまうこの病気との相関関係は、スウェーデンとドイツの研究所が共同で行った、60万人以上のデータを分析した研究で判明しました。

北欧に住む60歳以上の男性の30%がかかることから「バイキング病」と呼ばれるこの病気は、現在の私たちにとってネアンデルタール人が非常に重要であることを改めて証明しているます。

By Frank C. Müller, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=647743
ヴァイキング病はネアンデルタール人の遺伝子に由来する
デュプイトレン病は、手のひらの皮膚の下にある線維層が侵される疾患で、北欧に住む私たちが肌や髪の色、ぽっこりしたお腹、統合失調症やコビッド19などの病気にかかりやすいのは、このネアンデルタール人の遺伝子がもたらしたと言われています。
Pexels
デュプイトレン病
北欧に住む60歳以上の男性の30%がかかることから「バイキング病」と呼ばれるこの病気は、現在の私たちにとってネアンデルタール人がいかに重要であるかを改めて証明しています。この病気は、手のひらの皮膚の下にある線維層を侵します。基本的には、手の指が曲がった状態で固定されてしまいます。
By Denkler - Own work http://plasticsurgerysf.com/scrapbook/view.nhtml?profile=scrapbook&UID=100
研究内容
この研究は、スウェーデンのカロリンスカ研究所とドイツのマックス・プランク進化人類学研究所が主導し、学術誌「Molecular Biology and Evolution」に掲載されました。研究を主導したのは、カロリンスカのヒューゴ・ゼベリ氏と、2022年にノーベル医学賞を受賞したマックス・プランク研究所のスヴァンテ・ペーボ氏の2名です。
By James Heilman, MD - Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10379
研究成果
研究者は、7,000人以上の罹患者と645,000人以上の健常者のDNAを分析しました。これらの被験者の出身地は、主に米国、英国、フィンランドでした。その結果、この疾患の61もの遺伝的危険因子を特定することができたのです。そのうちの最も重要な3つの因子は、ネアンデルタール人から受け継いだものでした。
By Bacon Cph - Cro-Magnons Conquered Europe, but Left Neanderthals Alone"From PLOS ONE, an open
ネアンデルタール人
ホモ・ネアンデルタレンシス、通称ネアンデルタール人は、20万年前から3万年前の旧石器時代中期に生息していたホモ・サピエンスに近いヒト科動物です。ネアンデルタール人の名は、最初の化石が発見されたドイツのデュッセルドルフ近郊のネアンデル渓谷(ドイツ語でネアンデルタール)に由来しています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.