HEALTH

乳糖不耐症、気づかれないことが多い疾患の症状について

乳糖不耐症は、一般的な問題でありながら、過小評価されがちで、世界中で多くの人が苦しんでいます。実際、多くの人が乳糖の摂取との関連に気づかずに、これらの症状を経験しているかもしれません。

乳糖不耐症は、牛乳やその派生品に含まれる糖質である乳糖を適切に消化する能力に影響を与える疾患です。

今日は、乳糖不耐症に関連する症状の概要を説明します(出典:humanitas.it.)。下痢や腹痛、鼓腸、皮膚反応など、不耐症が現れる可能性のある多くの症状を調べます。

Freepik
乳糖不耐症、気づかないことが多い疾患の症状について
乳糖不耐症は、世界中で多くの人が苦しんでいる問題ですが、過小評価されがちです。 実際、多くの人が乳糖の摂取との関連に気づかずにこれらの症状を経験しています。 この障害は、牛乳やその派生物に含まれる糖質である乳糖を適切に消化する体の能力に影響を与えます。 今日は、乳糖不耐症に関連する症状の概要を説明します(出典:humanitas.it.)。下痢、腹痛、鼓腸、皮膚反応など、乳糖不耐症が示す症状はさまざまです。
Freepik
下痢や腹部膨満感
下痢や腹部膨満感は、乳糖不耐症の症状としてかなり一般的です。乳糖不耐症の方が乳糖を含む食品や飲料を摂取すると、体内で乳糖を適切に消化することが難しくなります。その結果、ガスが発生したり、便の水分が増えて下痢になることがあります。
Freepik
皮膚反応
赤い斑点、腫れ物、水疱などの皮膚反応は、乳糖不耐症に関係することがあります。場合によっては、乳糖不耐症の方が乳糖を摂取することでアレルギー反応が引き起こされることがあります。この反応は、発疹、かゆみ、腫れとして皮膚に現れます。
Freepik
呼吸器の問題
乳糖不耐症の人の中には、呼吸器系の問題を経験する人もいます。これには、鼻づまり、咳、喘鳴、呼吸困難などの症状が含まれます。乳糖不耐症と呼吸器疾患との正確な関係は完全には明らかではありませんが、炎症やアレルギー反応がこれらの症状の原因になっている可能性があると考えられています。
Freepik
消化器系疾患
乳糖不耐症では、乳糖を摂取した後の胸焼け、吐き気、嘔吐、重苦しさなどの消化器系のトラブルがよく見られます。乳糖不耐症の方の体内では、乳糖を消化するのに必要な酵素であるラクターゼが十分に生産されていません。そのため、消化管内に未消化の乳糖が蓄積され、消化不良や不快な症状を引き起こすことがあります。
Freepik
じんま疹
赤色や隆起した斑点を伴うかゆみのある発疹である蕁麻疹は、乳糖不耐症の症状であることがあります。乳糖不耐症の人は、乳糖に対するアレルギーや過敏症を発症することがあり、免疫系反応としてアレルギー反応を引き起こし、じんましんを発症することがあります。
Freepik
メテオリズム
腸内でガスが過剰に発生する「メテオリズム」は、乳糖不耐症によく見られる症状です。乳糖が消化管で適切に消化されないと、腸内細菌が乳糖を発酵させ、ガスを発生させることがあります。そのため、腹部にガスがたまり、鼓腸症になることがあります。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.