HEALTH

EMAが初の気管支炎ワクチンを承認:乳幼児と高齢者のための革命

欧州医薬品庁(EMA)は、呼吸器合胞体ウイルスに対するワクチンの販売認可を承認した。

主に乳幼児と60歳以上の人々が罹患するウイルス性疾患である細気管支炎に対する新しいワクチンは、欧州共同体全域でまもなく使用可能となる。

この細気管支炎は非常に一般的な感染症であり、幼児や高齢者が入院する最初の原因のひとつである。したがって、これらのカテゴリーにとって、このワクチンの導入は真の革命となりうる。

Freepik
気管支炎に対する新薬
欧州医薬品庁(EMA)は、呼吸器合胞体ウイルスに対するワクチンの販売認可を承認した。主に乳幼児と60歳以上の人々が罹患するウイルス性疾患である気管支炎に対する新しいワクチンは、欧州共同体全域でまもなく使用可能となる。気管支炎は非常に一般的な感染症であり、幼児や高齢者の入院の主な原因のひとつである。
Freepik
アブリスボ
EMAによって承認された新製品の名前はAbrysvoで、呼吸器合胞体ウイルス(Rsv)によって引き起こされる下気道疾患から生後6ヶ月までの乳児と60歳以上を守るワクチンである。「SkyTg24」が書いているように、実際、「アブリスボはRsvワクチンとして初めて承認されたもので、二価の組み換えワクチンである」。
Freepik
ワクチンの作用
この新しいワクチンは妊娠第3期の母親に注射され、出生後6ヵ月間新生児を保護する。具体的には、アブリスボは、ウイルスのFタンパク質(ウイルスが私たちの細胞と融合して感染するのを可能にするタンパク質)に対して特に特異的に作用する抗体を産生するよう身体に指示する。
Freepik
ウイルスの作用
呼吸器合胞体ウイルスは、西ヨーロッパでは11月から4月にかけて流行する。ほとんどの場合、風邪のような軽い症状を引き起こす。しかし、より脆弱な人が感染すると、気管支、すなわち呼吸器の末端部分に炎症を起こす。最初の症状は、高齢者、肺疾患や心臓疾患、糖尿病のある人に多く見られる。しかし、小児は高齢者よりも死亡率が高く、最初に本当に深刻な影響を受ける。
Freepik
世界の呼吸器合胞体ウイルス
統計的に言えば、呼吸器合胞体ウイルスは世界中で毎年3,300万人以上の小児を苦しめており、320万人の小児が感染し、そのうち平均111,800人が死亡している。欧州レベルでは、小児科、すなわち小児の入院の主な原因の一つである。最も重症の場合、気管支炎や肺炎を引き起こし、最終的には致命的な呼吸器クリーゼに至ることもある。
Freepik
アンドレア・ロ・ヴェッキオの言葉
イタリア小児感染症学会(Sitip)のアンドレア・ロ・ヴェッキオ会長は『SkyTg24』の取材に対し、「推計によれば、生後1年以内にRsvに罹患した子供の10人中2人が入院しています。入院した赤ちゃんのほぼ全員が酸素吸入を必要とし、そのうちの5%が集中治療室に入ることになります」。1960年代、この病気は呼吸不全、肺炎を引き起こし、乳幼児に多くの死亡者を出した。
Freepik
現在のところ、本格的な治療法はない
アンドレア・ロ・ヴェッキオ会長は続けて、「気管支炎にかかった2歳未満の子供のうち、約10%が酸素吸入を必要とし、入院します。そのうちの5%は挿管されます。残念ながら、特異的な治療法はなく、このため、通常12月から1月にかけて、小児病棟や新生児集中治療室は大きなプレッシャーにさらされることになります」。
アートギャラリー プライベートコレクション
18/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.