HEALTH

若年性パーキンソン病、気をつけたい症状

パーキンソン病の平均発症年齢は60歳前後と推定されています。一般的にパーキンソン病は高齢者に発症する病気と考えられていますが、若年層にも発症する可能性があります。

5%の人が40歳未満で発症すると言われており、ごく稀にそれ以前にも発症することがあります。例えば、アメリカの俳優マイケル・J・フォックスは、29歳の時にこの病気と向き合い始めました。

非常に若い人の場合、少なくとも60%のケースで、遺伝が非常に大きな役割を果たします。特に、GBA遺伝子の変異が関係していると推測されていますが、変異があるからといって、必ずしもその後に病気が発症するとは限りません。

freepik
パーキンソン病と若年層
パーキンソン病の平均発症年齢は60歳前後と推定されています。一般的にパーキンソン病は高齢者に発症する病気と考えられていますが、若年層にも発症する可能性があります。パーキンソン病は、発症者の5%が40歳未満、ごくまれにそれ以前の年齢で発症することがあると言われています。
freepik
GBA遺伝子の変異について
アメリカの俳優マイケル・J・フォックスは、29歳の時にこの病気と向き合い始めました。非常に若い人の場合、少なくとも60%の症例で、遺伝が非常に大きな役割を果たす可能性があります。特に、GBA遺伝子の変異が関係していると推測されていますが、変異があるからといって、必ずしもその後に病気が発症するとは限りません。
freepik
最近の研究結果
ストックホルムのカロリンスカ研究所が行った最新の研究によると、鼻から侵入して中枢神経系に到達した感染因子が、パーキンソン病(アルツハイマー病も含む)などの神経変性疾患の根源にある可能性があるといいます。そのため、運動症状が現れる10年前から、嗅覚の急激な低下が初期症状の1つとして現れる可能性があると言われています。
freepik
初期症状
約30%の患者が嗅覚の低下などの初期症状を呈することがありますが、75%の患者さんは運動症状の前に便秘を呈することがあり、別の侵入経路が腸管経路である可能性が想定されます。
freepik
診断の難しさ
パーキンソン病は若い人ほど進行が遅い傾向にあり、少なくとも10~15年はうまく付き合っていくことができます。この場合、若年性パーキンソン病はほとんど知られておらず、発症症状も必ずしも結びついていないため、病気の診断が遅れることが最大の難点です。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.