HEALTH

アスピリン1日1錠が高齢者の貧血を引き起こす可能性、研究で明らかに

米国では、60歳以上の成人の少なくとも40%がアスピリンを毎日服用しています。脳卒中や心臓発作の原因となる血栓を予防する必要があるためです。

しかし近年、専門家はすべての高齢者にアスピリンを毎日使用することに懸念を感じています。なぜなら、高齢者の多くはアスピリンによって出血のリスクが高まり、さらに微量の出血でも貧血を引き起こす可能性があるからです。しかし、高齢者の中には、特に心臓発作や脳卒中をすでに経験している場合には、アスピリンの連日使用が推奨される人もいます。

この研究では、アスピリンがどのように貧血を引き起こすかについては焦点を当てていませんが、研究者はそれがどのように起こるかについての考えを調べています。

freepik (generic image)
アスピリンの1日摂取量
米国では、60歳以上の成人の少なくとも40%がアスピリンを毎日服用しています。脳卒中や心臓発作の原因となる血栓を予防する必要があるためです。(出典:CNN.com)
freepik (generic image)
毎日のアスピリン摂取が引き起こすかもしれないこと
というのも、多くの高齢者では、アスピリンは出血のリスクを高め、さらに微量な出血を引き起こし、貧血を引き起こす可能性があるからです。しかし、一部の高齢者については、特に心臓発作や脳卒中をすでに発症している場合には、アスピリンの連日使用が推奨されています。
freepik (generic image)
毎日のアスピリンが貧血を引き起こす可能性
この研究では、アスピリンがどのように貧血を引き起こすかについては触れていません。しかし、アスピリンは血液を固まりにくくし、胃や腸の粘膜を維持するのに重要なCox-1と呼ばれる酵素を阻害するらしいのです。この保護バリアが傷つくと、少量の血液が腸から漏れ出し、貧血を引き起こす可能性があるのです。
freepik (generic image)
最もリスクの高い人々
これらの多くの人々にとってアスピリンを毎日服用することが重要であることに変わりはありませんが、他の人々にとってはリスクが高まるかもしれません。特に、貧血や関節炎、慢性腎不全などの炎症性疾患を患っている人にとっては、そのリスクは大きいでしょう。
freepik (generic image)
研究データ
研究者によれば、アスピリンを服用している20%の人は、そうでない人に比べて貧血になりやすいといいます。毎日アスピリンを飲んでいる高齢者の24%は、少なくとも5年以内に貧血になると予想されています。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.