HEALTH

アリはヒトのがんを「嗅ぎ分ける」ことができる、医師が発見

アリには鼻がありませんが、それでもガンを嗅ぎ分けることは可能です。触角にある豊富な嗅覚受容体のおかげで、昆虫は驚異的な嗅覚を持っており、それを使って腫瘍を発見することができるのです。

フランスのOise Senlis )近郊の実験室での研究により、北半球に生息するアリが、どのようにがん細胞を検出できるのかを明らかにしました。

この研究は、かなり明確な結論を導いています。訓練されたアリは、腫瘍の匂いの近くで20%多く時間を費やしました。この研究結果については、雑誌「Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 」に掲載された論文で説明されています。

photo freepick
発見
アリには鼻がありませんが、それでもガンを嗅ぎ分けることは可能です。触角にある豊富な嗅覚受容体のおかげで、昆虫は驚異的な嗅覚を持っており、それを使って腫瘍を発見することができるのです。
photo freepick
アリの能力
癌は、汗や尿などの体液や呼気中に含まれる揮発性有機化合物と呼ばれる特有の化学物質を放出します。雑誌Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences に掲載された新しい研究によると、アリは尿に含まれるこれらの化合物を嗅ぎ分けることができるそうです。
photo freepick
使用した技術
 Sorbonne Paris North University のBaptiste Piqueretと、本研究の主執筆者である倫理学者の柴田拓也氏は、アリががん細胞から拡散する揮発性有機化合物を検出できることをすでに知っていました。Piqueretと彼のチームはまず、異種移植と呼ばれる手法で、ヒト乳がん腫瘍をマウスに移植して成長させました。
photo freepick
アリが学ぶ
そして、腫瘍のあるマウスと健康なマウスの両方から尿を採取しました。がんマウスの尿の前に砂糖水を1滴垂らし、アリが腫瘍の匂いと報酬を関連付けるように訓練しました。砂糖水を取り除くと、アリは「ご褒美」を求めて、健康なマウスよりも約20%長くがんマウスのおしっこの周りに留まっていたのです。腫瘍の匂いと報酬の関連性を学習させるために、3つのコロニーが関与していました。
photo freepick
結論
"化学分析により、腫瘍の存在が尿の匂いを変えることが確認され、行動学的な結果を裏付けています。アリはマウスの尿中の腫瘍シグナルを確実に検出し、効率的でさらに効果の高いがんバイオレコーダーとして機能する可能性を持っています。"
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.