供給

肝臓に有害な10の食品

肝臓は私たちの体が適切に機能するために不可欠な器官の一つです。

それは毒素の排出に関与し、胆汁を生成し、同化食品の消化を促進し、そして糖、コレステロールおよびトリグリセリドの合成に関与しています。

しかし、タバコやアルコールの乱用に加えて、飽和脂肪や大量の食事が豊富な食事は、私たちの肝臓に負担をかけます。

肝臓に有害な10の食品が何であるか見てみましょう。

Freepik
飽和脂肪が豊富な食品
塩漬け肉および乳製品。
Freepik
精製糖が豊富な食品
お菓子、焼き菓子、甘い飲み物、精製小麦粉など。
Freepik
揚げた食べ物
すべての揚げ物。
Getty Images
塩分が多い食品
ソーセージや缶詰の野菜など。ナトリウムが多い食事は、長期的には肝硬変を引き起こす可能性があります。
Freepik
スナックや甘いお菓子など、脂肪、塩、砂糖が多い食品
おやつには、ドライフルーツや、新鮮なフルーツなど、モノ不飽和脂肪や多価不飽和脂肪を含む健康食品が好ましいです。
Freepik
多くの防腐剤、添加物、脂肪、糖分を含む調理済みおよび缶詰食品
このグループには、ペストリー製品、ビスケット、スープ、フリーズドライまたは缶詰のスープなど、調理済みの食品が含まれます。
freepik freepik
生肉(微生物や毒素を含む可能性があります)またはロースト肉
炭火やグリルで調理された肉の焦げた部分は、実際には、癌の原因となる物質であるアクリルアミドを放出する可能性があります。したがって、蒸したり茹でたりして肉を調理することをお勧めします。
Freepik
洗っていない野菜や果物
実際、果物や野菜を洗うと、不純物、農薬、除草剤が除去され、肝臓に負担がかかりません。
Freepik
アルコール
アルコールは肝障害の主な原因です。エチルアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに代謝され、肝細胞に損傷を与える可能性のある有毒物質です。
Freepik
アルカロイド
カフェイン、テインなど、そして、過剰に消費されるテオブロミン(チョコレートに含まれる)。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.