HEALTH

アルコール依存症、最も深刻な症状や被害となりうるもの

アルコール依存症は、人生の様々な局面に深刻かつ浸透した影響を及ぼします。主に肝臓や脳に影響を及ぼす身体的なダメージだけでなく、心理的、社会的な関係にも影響を及ぼします。実際、個人の全生活がアルコール乱用によって損なわれることもあります。

アルコールを乱用する人は、事故や家族問題、家庭内暴力を起こしやすくなります。さらに、アルコール依存症の人の平均寿命は、一般の人より平均12年短いと言われています。

身体的なダメージとしては、肝硬変やがんに発展する肝臓のトラブルや、糖尿病、脳卒中、心血管障害などの病気の発症リスクが高まります。胃炎、食道炎、膵炎、ビタミン欠乏症などの内部障害もよく見られます。

Freepik
アルコール依存症:多因子性のトラブル
アルコール依存症は、人生の様々な局面に深刻かつ浸透した影響を及ぼします。主に肝臓や脳に影響を及ぼす身体的なダメージだけでなく、心理的、社会的な関係にも影響を及ぼします。実際、アルコール依存症によって個人の全生活が損なわれることもあります。
Freepik
行動や長寿に悪影響を及ぼす
アルコール依存症の人は、事故や家族トラブル、家庭内暴力を起こしやすいと言われています。さらに、アルコール依存症の人の平均寿命は、一般の人に比べて平均12年も短いのです。
Freepik
身体的健康への影響
身体的な障害としては、肝硬変やがんに発展する可能性のある肝障害があり、糖尿病、脳卒中、心血管障害などの病気の発症リスクが高まると言われています。また、胃炎、食道炎、膵炎、ビタミン欠乏症などの内部障害もよく見られます。
Freepik
アルコールが脳に与える影響
アルコールが脳に及ぼす影響は多岐にわたります。低用量であれば、エンドルフィンを放出する快楽領域が活性化されます。しかし、服用量が増えると、アルコールは中枢神経系に抑圧作用を及ぼし、興奮性の神経伝達物質であるグルタミン酸を抑制して脳の活動を鈍らせます。
Freepik
アルコール依存症による長期的な身体的ダメージ
慢性的なアルコール乱用は、数多くの身体的ダメージをもたらします。アルコールの90〜95%は肝臓で代謝されるため、乱用すると肝臓に負担がかかり、肝硬変などの不可逆的な障害を引き起こします。
Freepik
アルコール依存症による精神的ダメージ
慢性的なアルコール依存症は、身体的なダメージに加え、精神的なダメージも引き起こします。一般に、判断力の低下が進行し、人格の劣化を招きます。また、注意力、集中力、短期記憶、問題解決能力などに関連する脳のプロセスにもダメージを与えます。このようなダメージの一部は部分的に回復する可能性がありますが、器質的なダメージはしばしば永久的に残ります。
Freepik
アルコール依存症、栄養失調
また、アルコール依存症の合併症として、栄養失調があります。アルコールはカロリーを摂取して食欲を減退させますが、栄養は摂取できないため、深い栄養失調の状態になり、心身に悪影響を及ぼします。
Freepik
「Delirium Tremens」:非常に危険な状態のこと
「Delirium Tremens」とは、アルコール離脱時の激しい反応を指し、意識障害、幻覚、心臓の変化などの症状が特徴的です。病院での治療が必要な危険な状態です。その重症度から、生命を脅かすこともあります。
Freepik
コルサコフ精神病:記憶喪失とアルコール
コルサコフ精神病は、著しい記憶障害を特徴とする、もう一つの重症アルコール関連障害です。患者はしばしば、記憶の隙間を空想の記憶で「埋める」ことがあり、これは「コンファビレーション」と呼ばれます。この障害は、見当識障害や混乱を引き起こすことがあります。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.