供給

橋本式ダイエットの発見:何のために、どんな人に役立つのか?

橋本甲状腺炎または慢性自己免疫性甲状腺炎は、1912年に専門医の橋本博によって初めて報告され、甲状腺疾患の中でも最も一般的で頻度が高く、原発性甲状腺機能低下症の主因となっています。

甲状腺疾患の場合、良好なQOL(生活の質)を維持するためには、栄養が重要です。明らかな薬物療法に加えて、適切な栄養を組み合わせることで、この疾患の経過や症状に大きな効果があることが研究されています。

橋本式食事療法は、AIP(自己免疫パレオプロトコル)食の一種で、最悪の症状を引き起こすことが多い炎症を抑えることができます。もちろん、通常の食事と異なる食事に着手する前に、必ず医師のアドバイスに耳を傾けることが最善です。以下は、身体の健康と食との間に密接な相関関係が存在することを示し、情報提供をしています。

Freepik
橋本式食事療法の発見 : 何のために、どんな人に役立つのか?
橋本甲状腺炎または慢性自己免疫性甲状腺炎は、1912年に専門医の橋本博によって初めて報告され、甲状腺疾患の中でも最も一般的で頻度が高く、原発性甲状腺機能低下症の主因となっています。甲状腺疾患の場合、良好なQOL(生活の質)を維持するためには、栄養が重要です。明らかな薬物療法に加えて、適切な栄養を組み合わせることで、この疾患の経過や症状に大きな効果があることが研究されています。橋本式食事療法はAIP食の一種で、しばしば最悪の症状を引き起こす炎症を減少させることができます。もちろん、通常の食事療法とは異なる食事療法に着手する前に、必ず医師のアドバイスに耳を傾けることが最善です。以下は、身体の健康と食べ物の間に密接な相関関係が存在することを示し、情報提供をしています。
Freepik
橋本甲状腺炎
橋本甲状腺炎は、特に先進国において、最も一般的な甲状腺疾患の一つです。これは自己免疫疾患(体が自分を攻撃すること)で、特に甲状腺の組織が自分のリンパ球によって徐々に破壊されます。甲状腺は、人体の機能を調節する上で非常に重要であり、私たちの健康の多くの側面に影響を与えています。ホルモンの生産を通じて、心臓、肺、骨格、神経系、消化器系など他の臓器に影響を与えます。
Freepik
食事の重要性
他の多くの身体疾患と同様に、ある種の管理された食事と一定の運動、定期的な薬物療法を組み合わせることが、多くの科学的研究によって示されています。
Freepik
炎症を抑えることが重要
正しい食事は、特に炎症に由来する症状を抑えるために非常に重要です。炎症が起きている臓器は、通常の症状を増幅させるので、食事療法はこれらの問題を軽減し、生活の質を向上させるのに役立つのです。高コレステロール血症、肥満、糖尿病はすべて、甲状腺に起因する二次的な症状であり、非常に簡単にコントロールすることができるのです。
Freepik
自己免疫プロトコル食事療法
これらの推奨事項はあくまでも例示であり、食事療法を始める前に、医師または栄養士に相談することが最善であることを再度お伝えします。ただし、橋本式食事療法は、橋本甲状腺炎のような自己免疫疾患に苦しむ人々のために特別に処方された食事療法に分類され、例えば、狼瘡、関節リウマチ、その他多くの疾患も含みます。
Freepik
自己免疫プロトコルの食事ガイドライン
この食事療法では、砂糖、油、食品添加物、アルコール、コーヒー、そして乳製品、豆類、グルテンを含む穀物など、炎症の原因となる食品をすべて減らし、場合によっては除去します。特に橋本甲状腺炎の人は、乳製品に不耐性を示すため、その摂取を控えることが強く推奨されています。また、自己流のダイエットや食事制限をすることはお勧めできません。まずは医師の診断を受けることが大切です。
Freepik
どのような食品が推奨されているのか
ですから、果物や野菜など、自然に抗炎症作用のある物質が含まれている食品を摂取する必要があるのです。また、血糖値の上昇を抑える働きのある食品もおすすめです。調味料には、エクストラバージンオリーブオイル、アボカド、ココナッツオイルなど、「良い」脂肪を使うのがベストです。
Freepik
穀物・タンパク質
穀類では、米、トウモロコシ、そば、アマランサス、キヌアなど、グルテンを含まない、あるいは少ないものを摂取するのがよいでしょう。ただし、セリアック病と診断されていない限り、たとえ持病がなくても、グルテンを完全に除去することはできませんのでご注意ください。これはここ数年の流行で、有害です。一方、タンパク質は、動物性で前処理されていないもの、豆類、植物性飲料を摂るようにしましょう。
Freepik
橋本甲状腺炎とセリアック病の関係
この問題は非常にデリケートですが、橋本甲状腺炎のような自己免疫疾患とセリアック病の発症には、相関関係があることが観察されていますが、この2つの病気は結果的なものではなく、つまり因果関係はまだ証明されていません。橋本甲状腺炎の存在だけでなく、セリアック病も発症していないかどうかを調べるために、特定の検査を受けるようにというのが、一般的な呼びかけです。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.