HEALTH

爪を噛むのをやめるには?

爪を齧り続けると、感染症や甘皮の損傷につながり、痛みや炎症を引き起こします。

爪の健康や見た目のためにも、この悪習慣を断ち切ることが大切です。つけ爪をつけたり、定期的にマニキュアを塗ったりして爪の美しさを保ったり、ヨガや運動など、ストレスやイライラを解消する健康的な方法を見つけるなど、試せる方法はいくつかあります。

この中毒を克服するためのヒントをいくつかご紹介しましょう。

freepik
爪を噛むのはやめよう
爪を齧り続けると、感染症や甘皮の損傷につながり、痛みや炎症を引き起こします。爪の健康や見た目のためにも、この悪習慣を断ち切ることが大切です。つけ爪をつけたり、定期的にマニキュアを塗ったりして爪の美しさを保ったり、ヨガや運動など、ストレスやイライラを解消する健康的な方法を見つけるなど、試せる方法はいくつかあります。この中毒を克服するためのヒントをいくつかご紹介しましょう。
freepik
考えられるリスク
爪やその周りの皮膚を噛むと、出血や怪我の原因になりますが、何よりも感染症のリスクが高まり、口や歯に広がったり、時間が経つと指が変形したりすることもあります。
freepik
戦略を持つ
爪を噛むのをやめようと決めたのなら、この悪循環を断ち切るための戦略を持たなければならないでしょう。簡単なことではありませんが、決意を持って行動することが大切です。
Freepik
どのような場合に起こるかを特定する
なぜ、自分でも気づかないうちに、手を口元に持っていき、噛んでしまうのかを理解するためには、その引き金となる要因を特定することが第一歩となります。これらの要因は、ストレス、退屈、不安、あるいは単純な神経質な癖に関連している可能性があります。この行動の原因を理解することで、根本的なメカニズムを理解し、それを変えようとすることができます。
freepik
爪を短く手入れする
爪を噛む癖を予防するには、爪を短く整え ることが望ましいでしょう。定期的に爪を切り、ヤスリをかけると爪が整えられ、齧る衝動が抑えられ、その機会も減ります。
freepik
適切なネイルポリッシュ
特殊なネイルポリッシュで、爪を噛まずに済みます。このマニキュアには強い苦味があり、その苦味を感じるとすぐに、噛むのをやめさせることができるのです。それにより、爪を傷つける心配が減ります。
Freepik
爪を保護するマニキュア
また、マニキュアを保護するために、透明なマニキュア、できれば強化マニキュア、または色つきのマニキュアを塗るのも有効でしょう。そうすることで、ネイルを台無しにするという行動を抑えることができるかもしれません。
freepik
爪の再建
ネイル・エンハンスメントは、今ではほとんど気づかれないほど自然なものとなり、手をきれいに整えながら、地爪をスムーズに伸ばすことができます。
freepik
時間と小さな目標を自分に与える
爪噛みをやめるという目標を達成するためには、段階的なアプローチに従うことが重要です。突然やめることができる人もいれば、時間をかけて小さな目標を達成する人もいます。この習慣をやめるには、特に長い間その悪習慣が続いている場合は、時間をかけることがなにより重要です。
freepik
専門医へ相談
メンタルヘルスの専門家に相談することで、爪食症の根源を理解し、そのような中毒を克服するための戦略を提供することができます。全身の健康と幸福が最も重要であることを忘れずに、自分自身を大切にするためにできる限りのことをしましょう。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.