HEALTH

炭水化物と脂肪の消費、WHOの新ガイドライン

世界保健機関(WHO)は、最新の科学的証拠に基づき、炭水化物と脂肪の消費に関する新しいガイドラインを発表した。

炭水化物と脂肪の消費に関する新ガイドラインは、大人と子供両方の不健康な体重増加の予防に重点を置いており、また、2型糖尿病、心血管疾患、ある種のがんなど、食事に関連する非感染性疾患のリスクを軽減するための推奨事項にも重点を置いている。

新ガイドラインの要旨は、脂肪の摂取を総エネルギー摂取量の30%に制限することと、「良い」炭水化物を注意深く選択することにある。

freepik
WHOの新ガイドライン
世界保健機関(WHO)は、最新の科学的証拠に基づき、炭水化物と脂肪の消費に関する新しいガイドラインを発表した。炭水化物と脂肪の消費に関する新ガイドラインは、大人と子供両方の不健康な体重増加の予防に重点を置いており、また、2型糖尿病、心血管疾患、ある種のがんなど、食事に関連する非感染性疾患のリスクを軽減するための推奨事項にも重点を置いている。
freepik
脂肪と炭水化物の消費への注目
新ガイドラインの概要は、脂肪の摂取を総エネルギー摂取量の30%に制限し、「良い」炭水化物を注意深く選ぶというものである。世界保健機関(WHO)の報告書では、脂肪については明確な区別がなされており、総エネルギー摂取量の10%以下を飽和脂肪酸から、1%以下をトランス脂肪酸から摂取することが推奨されている。
freepik
推奨される脂肪と制限されるべき脂肪
WHOが推奨する脂肪は、魚、オリーブオイル、ナッツ類などに含まれている。一方、制限すべき脂肪は、肉、乳製品、卵、パーム油やココナッツ油に含まれている。一方、トランス脂肪酸と定義される脂肪は、工業的工程に由来する。
freepik
炭水化物の消費
一方、炭水化物に関しては、世界保健機関(WHO)は、全粒穀物、果物、野菜、豆類の摂取に重点を置くことを推奨している。一方、白い小麦粉、菓子類、工業製品は制限すべきである。成人の場合、1日に少なくとも400グラムの果物と野菜、25グラムの食物繊維を摂取することが推奨されている。
freepik
子供たちへのアドバイス
特に子供に関しては、世界保健機関(WHO)は、2歳から5歳までは1日約250グラム、6歳から9歳までは1日約350グラム、10歳以降は1日少なくとも400グラムの果物と野菜の摂取を推奨している。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.