HEALTH

座りすぎは、がんリスクを高め、寿命を縮める可能性がある

現代は、仕事やレジャーなど、多くの人が1日の大半を座って過ごす時代です。

しかし、座りすぎは健康に重大な影響を及ぼす可能性があることが、研究により明らかになっています。特に、大腸がん、子宮内膜がん、肺がんなど、特定のがんを発症するリスクが高くなることが分かっています。

また、1日に何時間も座り続けることは、体にダメージを与えるため、寿命を縮めることにもなりかねません。このフォトギャラリーでは、座ることに関連する13の健康リスクを報告しています。(出典:webmd)

Freepik
座りすぎはがんリスクを高め、寿命を縮める可能性がある
仕事でもプライベートでも、1日の大半を座って過ごす人が多い現代ですが、座りすぎは健康に重大な影響を及ぼす可能性があることが研究により明らかになりました。特に、座りっぱなしは、大腸がん、子宮内膜がん、肺がんなど、特定のがんの発症リスクを高めると言われています。 また、1日に何時間も座っていると、体へのダメージにより、寿命を縮める可能性があります。このフォトギャラリーでは、座ることに関連する13の健康リスクを報告しています。(出典:webmd)
Freepik
心臓病罹患リスク
長時間座っていると、心臓病のリスクが高まります。運転手と警備員という2つのカテゴリーの人々を比較した科学者たちの調査によると、立っている時間が長いガードマンに比べ、前者は、仕事のために座っている時間が長いので、心臓病にかかる可能性が約2倍になることがわかりました。
Freepik
命を縮める
科学者によると、座っている時間が長いと、立っている時間が長い人よりも早死にする可能性が高くなるそうです。
Freepik
認知症のリスクが高まる
また、日中ほとんど動かないことで、心臓病、糖尿病、脳卒中、高血圧、高コレステロールなど、長時間座っていることに関連する他の病気と関連して、認知症の発症リスクが高まると言われています。
Freepik
エクササイズが無駄に
体を鍛えても、それを補うことはできません。むしろ、日中に長時間座っていると、ジムでの努力が水の泡になってしまいます。
Freepik
糖尿病のリスクが高まる可能性がある
医師によると、長時間座っていると、砂糖や炭水化物をエネルギーとして燃やすのを助けるホルモンであるインスリンに対する体の反応に変化が生じるといいます。
Freepik
血栓の発生リスク
長時間座っていると、脚にできる血栓TVP、つまり、深部静脈血栓症になるリスクが高まります。最悪の場合、血栓が外れて肺に沈着してしまうこともあります。
Freepik
体重増加
長時間座っていることで起こりやすいのは、もちろん体重増加です。
Freepik
不安の増大
科学者によると、座っている時間が長いと不安が増す可能性がありますが、それは特定の条件下でのことです。もしあなたが一人で仕事をしていて、コンピューターの画面を長時間見つめるような活動をしている場合、睡眠を妨げ、結果として不安を発症する可能性が高くなります。
Freepik
背中の痛み
長時間座っていると、背中や首、背骨の筋肉に大きな負担がかかります。人間工学に基づいた椅子を使い、30分ごとに立ち上がることをお勧めしますが、それでも長い時間座り続けていることの影響を否定することはできないでしょう。
Freepik
静脈瘤を発症する
長時間座っていると、血液が溜まって静脈が拡張する「下肢静脈瘤」のリスクが高くなります。
Freepik
骨粗鬆症
座っている時間が長いと、リスクが高くなるグループがあります。特に、運動不足の高齢者は骨粗しょう症(骨が弱くなる)になりやすく、日常生活の基本的な動作ができなくなるため、常に活動的でいることが大切です。
Freepik
がんのリスクが高まる
科学者によると、座っている時間が長いと、結腸がん、子宮内膜がん、肺がんにかかる可能性が高くなるそうです。高齢の女性は乳がんになる可能性が高くなります。そのため、医師や科学者は、立っているときにできるだけ運動をして、座っている時間をできるだけ短くするようにアドバイスしています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.