供給

神経性空腹、その正体と対策

神経性空腹は、否定的な感情状態を埋め合わせるためのはけ口として食べ物を使うようになる広範な障害です。ストレス、不安、悲しみ、孤独感、退屈感などがこの障害に重要な被害をもたらすことがあります。

肉体的な欲求(空腹感を満たすため)ではなく、否定的な感情や自分の中の空虚感に対する「救済策」を見つけるために食べるのです。

神経性の空腹感を認識し、それに対抗しようとすることは可能です。その方法を見てみましょう。(出典:grupposandonato.it)

freepik
神経性空腹とは
神経性飢餓は、否定的な感情状態を埋め合わせるためのはけ口として食べ物を使うようになる広範な障害です。ストレス、不安、悲しみ、孤独感、退屈感などがこの障害に重要な被害をもたらすことがあります。肉体的な欲求(空腹感を満たすため)ではなく、否定的な感情や自分の中の空虚感に対する「救済策」を見つけるために食べるのです。神経性の空腹感を認識し、それに対抗しようとすることは可能です。その方法を見てみましょう。(出典:grupposandonato.it)
freepik
肉体的空腹の特徴
肉体的な空腹と神経的な空腹には、区別できる特徴があります。肉体的な空腹は徐々に訪れ、罪悪感はなく、必然的に食べるという行為に基づきます。
freepik
神経性空腹の特徴
一方、神経性空腹の特徴は、突然やってきて切迫感を感じ、しつこく、罪悪感につながり、食べ終わっても止まらない飢餓感に基づいています。
freepik
実践すべきいくつかの戦略
神経質な空腹感に対抗するには、いくつかの戦略を実行することができます。一口ずつ食べる、1日5食にする、手の込んだ料理を作って時間をかける、食べ物をよく噛んで食べる、スマートフォンやテレビから離れて食事をする、他の活動をして退屈や孤独と戦おうとする、などです。
freepik
専門家に頼るべきとき
神経性の空腹感が単なる散発的なものでなく、生活の質を損なうほどの問題になっている場合、最善のアドバイスは、やはり有効な解決策を見つける手助けをしてくれる専門医に相談することです。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.