HEALTH

メラトニン:体内での生産量を増やすには?

睡眠ホルモンであるメラトニンは、私たちの体にとってとても大切なものです。 昼と夜のサイクルに合わせてこのホルモンを分泌しているのは脳です。

人間の体は、夕方になると再びメラトニンの分泌が盛んになります。夜間のメラトニンが減少することによって、大きなトラブルになることがあります。それは睡眠の質の低下、寝つきの悪さ、夜間に目が覚めるなどに関係してきます。そして、健康に悪影響を及ぼすのは睡眠不足です。

メラトニンの体内生産量を増やすには?ギャラリーでは、そのヒントをご紹介しています。

freepik
メラトニン:体内での生産量を増やすには?
睡眠ホルモンであるメラトニンは、私たちの生体にとって非常に重要なものです。 昼と夜のサイクルに合わせてこのホルモンを分泌しているのは脳です。人間の体は、夕方になると再びメラトニンの分泌が盛んになります。夜間のメラトニンが減少することによって、大きなトラブルになることがあります。それは睡眠の質の低下、寝つきの悪さ、夜間に目が覚めるなどに関係してきます。そして、健康に悪影響を及ぼすのが睡眠不足です。 体内のメラトニンの分泌量を増やすにはどうしたらよいのでしょうか。ギャラリーでは、そのヒントをご紹介しています。
Freepik
メラトニン
メラトニンは、最も重要な睡眠調整因子に属しています。しかし、年齢が上がるにつれてその生産量が減少するのは事実です。よく眠るためには、体内でメラトニンのホルモンの分泌をサポートすることが不可欠です。ここでは、試してみたいコツをご紹介します。
freepik
メラトニンの生成を助ける食品
まずは、夜に体内で睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌をサポートする食品を取り入れましょう。具体的には何でしょうか?例えば、サクランボ、リンゴ、ブドウ、ゴージ、ラズベリー、トマトなど、天然のメラトニンが豊富に含まれているものです。
Freepik
アミノ酸の一種であるトリプトファンを多く含む食品
体内で睡眠ホルモンのメラトニンに変換されるアミノ酸のトリプトファンを多く含む食品を食事に取り入れましょう。これらはでんぷん質の食品であり、また、タンパク質を多く含む食品でもあります。例えば、豆類、ジャガイモ、全粒粉の穀物類などです。
Freepik
夕方にコーヒーを飲まない
カフェインは体内のメラトニンの自然な生産を減少させるので、コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物は夜に飲まないでください。
freepik
寝室のWi-Fiをオフにする
眠る寝室ではWi-Fiをオフにしましょう。また、夕方に携帯電話やタブレット端末、ノートパソコンなどのブルーライトを浴びないようにしましょう。
freepik
暗闇の中で眠る
真っ暗な中で眠る。光害はメラトニンの生成を脅かす。
freepik
空気を変える
寝る前に寝室の空気を入れ替えるようにしましょう。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.