HEALTH

午後の睡眠は脳の老化を遅らせる

イタリア神経学会が、午後の休息が人間の健康に有益であることを証明する科学的研究のデータを発表した。以前、ノースウェスタン大学の研究では、気温が高いと日中の睡眠時間が長くなることを強調していた。

現在の知見によれば、午後に睡眠をとれば、心臓発作や脳卒中、心不全などの予防効果が高まる。ただし、「昼寝」の時間が30分以内であることが条件である。

一方、午後の休息が30分以上続くと、認知能力の低下を招き、逆効果になる可能性がある。

freepik
午後の昼寝の利点
イタリア神経学会が、午後の休息が人間の健康に有益であることを証明する科学的研究のデータを発表した。以前、ノースウェスタン大学の研究では、気温が高いと日中の睡眠時間が長くなることを強調していた。現在の知見によれば、午後に睡眠をとれば、心臓発作や脳卒中、心不全などの予防効果が高まる。ただし、「昼寝」の時間が30分以内であることが条件である。一方、午後の休息が30分以上続くと、認知能力の低下を招き、逆効果になる可能性がある。
freepik
時間的効果
現在のデータによると、午後の睡眠は5分から15分の仮眠であれば効果がある。この効果は睡眠後1/3時間まで続く。
freepik
遺伝的素因
ボストンの「ゲノム医学センター」とケンブリッジの「ブロード研究所」が実施した研究によると、午後の昼寝には遺伝的素因があり、それは同時に脳の発達とアルツハイマー病のリスク低減に関係しているという。
freepik
神経変性現象からの保護
研究者らによれば、午後に定期的に昼寝をすれば、夜間の睡眠不足を補うことができるため、神経変性現象からある程度保護されるという。
freepik
脳の老化防止
研究者らによると、脳の総体積の一般的な減少が年間0.2~0.5%であることを考慮すると、最近の研究結果は、午後に睡眠をとる習慣のある人は、脳の老化を2.6~6.5年抑制できる可能性があることを示している。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.