供給

心的外傷後ストレス、症状を抑えるコツ

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、何らかの心的外傷を受けた後に起こる精神的苦痛の一種です。きっかけとなるエピソードには、戦争、飛行機事故、洪水、地震などあらゆるものがありますが、幼い頃の家族からの虐待、性的暴力など、もっと私的な形でトラウマを植え付けられることもあるのです。

これらの患者はすべて、化学的なレベルで心が乱されています。この症状は日常生活だけでなく、他人との関係にも重大な影響を及ぼすため、人々がこの問題を研究し、苦しむ人々を「治療」し始めたのは、ここ数十年のことです。

臨床治療が最善の解決策であることを前提に、どのように症状を管理するのが最善であるか、いくつかアドバイスをします。

Freepik
PTSDの原因
心的外傷後ストレス障害は、戦争や個人的な虐待など、若い頃や大人になってからのさまざまな困難な状況によって引き起こされる可能性があります。PTSDになると、感情のコントロールが難しくなり、イライラする、急に怒り出す、感情が混乱する、抑うつや不安になる、不眠になるなどの症状が現れます。これには近道やトリックがあるわけではなく、自分自身で取り組む必要があるのです。
Military Health System, U.S. Department of Defense - Wikipedia.org
ベトナム戦争後のPTSDの研究
このような精神的苦痛は、当初、米国のベトナム戦争終結直後に、退役軍人の反応や行動を分析することによって研究されました。しかし、PTSDは兵士でなくとも発症する可能性があります。厳しい環境、あるいは戦場で生活してきた子供、身体的虐待(必ずしも性的な虐待ではなく、心理的虐待やハラスメントは克服が難しい)を受けた女性、子供の頃にいじめられたこと、これら全てがいつこの障害を発症させるかわからないのです。
Getty Images
PTSDの治療の原点
EMDRの理論的枠組みであるAIPモデルは、PTSDの症状をトラウマの否認の現れとして語っています。実際には、トラウマの情報を処理しないようにすることで、トラウマから自分を鈍感にすることができず、したがって、起こったことを克服することもできないのです。これは、単独では抜け出せないループを形成しています。主なアドバイスは、自分を孤立させない、閉じこもらない、そして専門家にすぐに助けを求めることです。
症状に対する治療は、まず個人から始めなければならない
薬物療法(抗うつ剤、鎮静剤など)に加えて、心理療法があり、その過程で、不安や抑うつに対処し、トラウマを否定するような危険な行動を修正することを学びます。心理療法の中には、長期暴露プロトコルやナラティブ・セラピーなど、まさにトラウマを処理し、トラウマから自分を鈍感にすることを目的としたものがあります。
Getty Images
Pet Therapy とPTSD?研究されています
PTSDの場合、pet therapy は有効でしょうか?科学的な研究は、この仮説を確かめる方向に進んでいますが、まだ多くの課題が残っています。論文「Pet Therapy and post-traumatic stress disorder」(E. Magri)では、このプロセスの触媒は動物との相互作用にあり、特定の薬物や治療法に典型的に見られる依存の形態から切り離すことができるのです。特に公共の場や人混みでは、不安やうつ病の管理にも、pet therapy での動物は本当に有用で、従来の療法よりも「残酷」でないことがあります。
Getty Images
シドニー大学の新しい研究
UNSWは、古典的な暴露療法(PSTDの臨床的治療法)に加えて、10分間の有酸素運動を行うことで、脳由来神経栄養因子(BDNF)と呼ばれる脳の特定の成長分子の産生を刺激するという研究を発表しています。このBDNFを増やせば、曝露の効果、ひいては治療の効果を高めることができるのです。残念ながら、大きな成果を得るためには、このプロセスを長く繰り返さなければなりません。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.