供給

炭水化物を摂りすぎている3つのサイン

炭水化物は、私たちの主なエネルギー源です。特に減量を目的としたダイエットでは、炭水化物の摂取を控えることが推奨されていますが、実際には完全に摂取を控えるべきではありません。

炭水化物は、運動後のエネルギー回復に重要な役割を果たすので、炭水化物を含む食品を食べることは不可欠です。

しかし、問題は、全く体に良くない炭水化物を食べ過ぎるようになったときです。 ここでは、食べ過ぎの3つの兆候を紹介します。(出典:gqitalia.it)

freepik
炭水化物を摂りすぎていませんか?
炭水化物は、私たちの主なエネルギー源です。ダイエットの中には、特に体重を減らすことを目的に炭水化物を控えることを推奨するものもありますが、実際には炭水化物を完全に排除するべきではありません。ここでは、炭水化物の摂りすぎを示す3つのサインを紹介します。(出典:gqitalia.it)
Freepik
炭水化物を摂りすぎているサインとは?
炭水化物は運動後のエネルギー回復に重要なので、炭水化物を含む食品を摂ることは必須です。しかし、摂り過ぎには注意が必要です。炭水化物を食べ過ぎると、どのようなサインが出るのでしょうか?
freepik
1.いつも疲れを感じている
疲労感にはいくつかの原因がありますが、一般的に、長引く疲労感に加え、頭痛を感じる場合は、炭水化物の多い食事が原因の1つである可能性があります。 一日中、健康的でバランスのとれた食事を心がけましょう。
freepik
2.膨満感があり、炎症が頻発する
炭水化物の過剰摂取の最初の兆候は、腹部膨満感であることがあります。炭水化物が含む糖分は、腸内の善玉菌の生成に影響を与え、消化器官の機能を鈍らせます。 多すぎる糖質を消化するのは難しいので、暴飲暴食の後に風船のように膨らむことがあるのはそのためです。
freepik
3.不眠症の問題
過剰な糖質は、食物性不眠を生み出すこともあります。単糖類の摂取により、突然の血糖値の低下(低血糖)から上昇(高血糖)します。この悪循環が空腹感を決定づけ、単糖類を多く含む食品を食べれば食べるほど、夜中でも食べたくなるのです。
freepik
炭水化物の本当の問題点
本当の問題は、炭水化物を食べることそのものではなく、間違った炭水化物を、しかも大量に食べることです。どのような炭水化物を避けるべきでしょうか?主に砂糖、飲み物、お菓子などです。
freepik
除外してはいけない炭水化物は?
私たちの体には、全粒穀物由来の複合糖質を取り入れることが重要です。全粒粉の炭水化物は、血糖値のピークを起こさないので、血糖値を一定に保ちつつ、糖分を蓄積させないようにすることができます。
Freepik
複合炭水化物を選択する
複合炭水化物は繊維が豊富で、私たちの健康全般を左右する微生物叢に栄養を与えます。さらに、複合炭水化物の繊維は満腹感を長くしてくれます。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.