HEALTH

太陽から目を守る方法:完全ガイド

目は、私たちが世界を認識するための最も重要な器官です。そのため、一年を通して、また生涯を通じて、可能な限りのケアをすることが重要です。しかし、夏には、この保護がさらに重要になります。

日差しが強くなり、日中の明るい時間が長くなり、屋外での活動の機会が増えるため、目は紫外線のストレスを受けやすくなります。そのため、注意を怠り、十分な保護がなされないと、目にダメージを与えてしまいます。

しかし、夏の日差しから目を守るためには、具体的にどのようなリスクや方法があるのでしょうか。そのヒントは多くはないものの、非常に有用であり、決して忘れてはならないものです。

Freepik
夏の日差しから目を守るには
目は、私たちが世界を認識するための最も重要な器官です。そのため、一年を通して、また一般的に、生涯を通じて、可能な限り最高のケアをすることが不可欠です。夏には、この保護がさらに重要になります。日差しが強くなり、日照時間が長くなり、屋外での活動機会が増えるため、目は紫外線によってストレスを受ける可能性があります。そのため、注意を怠り、目の保護が不十分な場合、目にダメージを与える可能性があります。しかし、夏の日差しから目を守るためには、具体的にどのようなリスクや保護方法があるのでしょうか。そのヒントは多くはないものの、非常に有用であり、決して忘れてはならないものです。
Freepik
太陽の光が目に与える影響
目が紫外線に過度にさらされることによるリスクは相当なものです。例えば、白内障、黄斑変性症(黄斑症)、翼状片などの病気の進行を早める可能性があります。また、ドライアイや光線性角結膜炎など、サングラスをかけずにいると不快な思いをすることがあります。
Freepik
太陽から目を守るための正しい方法
サングラスで目を保護する、バイザー付きの帽子をかぶる、日陰や曇りでも紫外線を通すので濃い目のレンズを使う、これが眼科医が教える夏の目の保護の3カ条です。
Freepik
サングラスを選ぶ(Pt.)
理想は、フレームが広いサングラスを選ぶことで、マスクと一緒ならなおさら、目をより遮蔽し、より保護することができます。また、レンズが段階的に変化するサングラスも便利で、コンタクトレンズを常時装着する必要がなくなります(あるいは、段階変化するメガネしか持っていないためにサングラスを使用できず、メガネを交換することができない場合もあります)。色も重要です。近視の人は濃い茶色のレンズ、遠視の人は灰緑色のレンズがよいでしょう。
Freepik
サングラスを選ぶ(Pt.)
特に子どもの目は大人の目よりずっとデリケートなので、海辺や街中の屋台で売っているようなものではなく、高品質なメガネを選ぶとよいでしょう。年配の方は、光の強弱で濃くなったり薄くなったりするフォトクロミックレンズを選ぶとよいでしょう。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.