エクセサイズ

ジョギング、男女のケガ:どちらがより多く苦しむかを明らかにした研究結果

2021年に行われたある研究で、ランニングのようなスポーツで怪我をしやすいのは男女どちらなのかを、多くの科学論文からデータを推定し、理解しようとしました。

そのデータは非常に興味深いもので、男女間のケガ率に類似性があることを示しました。しかし、怪我の種類や怪我のパターンにはかなりの違いがあることが明らかになりました。

これは、予防や治療の新たな方法につながる、非常に興味深い発見です。

ランニングで怪我をしやすいのは、男性と女性、どちらが多いのか?科学が解明
2021年に行われたある研究で、ランニングのようなスポーツで怪我をしやすいのは男女どちらなのかを、多くの科学論文からデータを推定し、理解しようとしました。そのデータは非常に興味深いもので、男女間のケガ率に類似性があることを示しました。しかし、怪我の種類や怪我のパターンにはかなりの違いがあることが明らかになりました。これは、予防や治療の新たな方法につながる、非常に興味深い発見です。
研究内容
ある研究グループが、2021年に「男女が同じようにランニングのケガをしやすいか」という研究を行いました。基本的な問いは、「ある性別が他の性別よりも怪我の発生率が高いのは、何らかの要因、あるいは原因、あるいは理由があるのか」ということでした。さらに、男女特有のケガも考慮に入れました。そのために、このテーマに関する12,215の科学論文が分析されました。
事故率は実質的に同じ
このデータを見ると、男女のランニング傷害の割合は、女性20.8%、男性20.4%と、ほぼ同じであることがわかります。また、女性は10km未満の大会で、男性は10km以上のレースで怪我をする傾向があります。
Freepik
女性特有の事故
研究・分析によると、女性の方がストレス骨折のような怪我をする傾向が強いことが分かっています。このような怪我をするのは、主に若い頃、高校生の頃であることが分かっています(この頃のリスクは男性の2.5倍です)。また、トラック競技(1500メートルまで)では、男性の3.1倍にもなります。
Freepik
女性のこのような怪我の理由
その原因としては、筋力の低下により骨に負担がかかりやすくなることが考えられます。また、月経によるホルモンの変化も原因となる場合があります。また、骨密度の低下だけでなく、男女の身体的な違いによるランニング時の動きの違いなど、バイオメカニクス的な要因も考えられます。
男性の方が多い怪我
アキレス腱の損傷(腱鞘炎、局所的な炎症、断裂)は、男性に多く、アマチュアランナーの発症率は5.2%(全傷害のうち)、40~50%のランナーが一生のうちに一度は経験すると言われています。その原因は、ランナーの走行距離の負荷にあることが最も多いです。
01/01/1970
凶暴な動物たち
29/02/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
01/01/1970
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.