供給

体に不可欠で重要なビタミンD

ビタミンDはどんな食品に含まれているのですか?という質問をよく受けますが、それに答える前に、このビタミンというかホルモンの働きと、なぜそれが私たちの健康にとって重要なのかを、よりよく理解することにしましょう。ビタミンやミネラルは、いわゆる「微量栄養素」と呼ばれるもので、私たちの体内で「蜘蛛の巣」のようなものを形成し、あらゆる臓器の正常な働きに寄与しています。特にビタミンは触媒として、体のさまざまな部分の機能を高めてくれます。エネルギーの観点からは、陰のビタミン(水溶性のもの、例えばBやCなど)と陽のビタミン(脂溶性のもの、すなわちA、D、E、Kなど)が多くなっています。

Freepik
サーモン
微量ではありますが、ビタミンDは食べ物からも摂取することができます。特に、鮭などの脂ののった魚に多く含まれています。
Foto Freepik
魚の肝油
タラの肝油は、多価不飽和脂肪酸(特にオメガ3)を豊富に含み、鎮痛、抗炎症、抗凝固作用があることで知られています。また、ビタミンDも豊富に含まれています。
freepik
卵黄
卵黄はビタミンやミネラルの供給源であり、全卵の脂肪とコレステロールをすべて含み、タンパク質は約半分です。卵黄は、魚に次いでビタミンDを多く含む食品です。
Foto Freepik
きのこ類
キノコはビタミンDの関連供給源になり得ますが、すべてのキノコが同じ量のビタミンDを含むわけではありません。注目すべき例としては、ポルチーニ、モレル、オブラート、シャントレル、プラタイオーロ(シャンピニオンまたはポートベローとも呼ばれます)は無視できない量ですが特に豊富でもないでしょう。
Foto Freepik
藻類
褐藻類のSargassum multicumなど、一部の大型藻類にも多量のビタミンD(90μg/100g)が含まれることが明らかにされている。しかし、広く消費されている大型藻類は、満足のいくビタミンD供給源とは考えられていない。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.