エクセサイズ

減量したいですか?最もカロリーを消費するエクササイズ

グーグルの統計によると、最も一般的な検索のひとつは、いかに早く、少ない努力で体重を減らすか、というものだ。少しの努力というコンセプトは、運動という概念そのものと衝突するものだが、すべてのトレーニングが平等でないことは事実である。

エクササイズやトレーニング方法によっては、体重を減らす、つまりできるだけ多くのカロリーを消費するのに適しているものもある。これは古典的なジムでのトレーニングとは異なり、有酸素運動の部分ではなく、筋肉の部分に重点が置かれている。つまり、ジムでたくさんトレーニングしたり、ウェイトをたくさん持ち上げたりしても、絶対に体重は減らないのだ。

では、最もカロリーを消費できるエクササイズやトレーニングは何だろうか?一緒に考えてみよう。

Freepik
カロリーを素早く燃焼させるのに最適なエクササイズ
グーグルの統計によると、最も一般的な検索のひとつは、いかに早く、少ない努力で体重を減らすか、というものだ。少しの努力というコンセプトは、運動という概念そのものと衝突するものだが、すべてのトレーニングが平等でないことは事実である。エクササイズやトレーニング方法によっては、体重を減らす、つまりできるだけ多くのカロリーを消費するのに適しているものもある。これは古典的なジムでのトレーニングとは異なり、有酸素運動の部分ではなく、筋肉の部分に重点が置かれている。つまり、ジムでたくさんトレーニングしたり、ウェイトをたくさん持ち上げたりしても、絶対に体重は減らないのだ。では、最もカロリーを消費できるエクササイズやトレーニングは何だろうか?一緒に考えてみよう。
Freepik
ジョギング:30分あたりの消費カロリー 男性420キロカロリー、女性360キロカロリー
有酸素運動は筋肉への血流を増加させ、代謝を高め、より多くのカロリーを落とすのに役立つだけでなく、全体的なフィットネスレベルを向上させる。専門家も、心身の持久力が必要なため、誰にでもできるものではないと認めているが、カロリーを減らす最速の方法であることは間違いない。まずは、ウォーキングからはじめ、30分のランニングを目標にするのがベストだ。
Freepik
水泳:30分あたりの消費カロリー 男性252キロカロリー(標準値)、420キロカロリー(強) 女性216キロカロリー(標準値)、360キロカロリー(強)
水泳は、腕、脚、心拍数を鍛えながら、強い体幹を養うことができる。水泳は筋力や筋肉を大きくする効果もあるが、有酸素運動としても最適だ。
Freepik
HIITトレーニング : 30分あたりの消費カロリー 男性294キロカロリー 女性252キロカロリー
HIITとは、High Intensity Interval Training(高強度インターバル・トレーニング)の略。スクワットやランジなど、ごく簡単な運動を短時間の休憩を挟みながら行うトレーニングの一種である。通常15分から30分の運動時間中、強度と心拍数を高速に維持することに重点を置く。この場合、消費カロリーは、運動時間や特に運動強度にもよるが、1回のセッションで300~500キロカロリーに達することもある。
Freepik
ローイングマシン:30分あたりの消費カロリー 男性294キロカロリー(標準)、440キロカロリー(強) 女性252キロカロリー(標準)、369キロカロリー(強)
ジムが好きなら、最もカロリーを消費できるマシンのひとつは間違いなくローイングマシンだ。 これらのマシンは燃焼率が高く、1時間あたり体重1キロあたり10~13キロカロリーを消費するのに役立つ。 また、ジムだけでなく自宅でも、バーピー、ジャンピングジャック、シャトルラン、ボックスジャンプ、スキップなどのエクササイズは、どれも高いレベルで燃焼する。
Freepik
ウォーキング : 30分あたりの消費カロリー 男性159キロカロリー(標準)、189キロカロリー(強) 女性133キロカロリー(標準)、175キロカロリー(強)
ウォーキングはカロリーを消費して体重を減らすだけでなく、心臓血管や精神の健康にも良い。実際、低強度で体を動かす素晴らしい方法だ。体重の減少はランニングほど速くはないが、体への影響は確実に少ない。
Freepik
筋力トレーニング:30分あたりの消費カロリー 男性126キロカロリー(標準)、252キロカロリー(強) 女性108キロカロリー(標準)、216キロカロリー(強)
ウェイトを持ち上げると、有酸素運動よりもEPOC(運動後の過剰な酸素消費)が高くなることが研究で確認されている。つまり、ワークアウトを終えた後も、体はカロリーを消費し続けるということだ。さらに、ジムでトレーニングしたい人は、ヨガ、ピラティス、バーなども筋力を高める方法であることを忘れてはならない。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.